増毛法で髪の毛は蘇ります

増毛法で髪の毛は蘇ります

安価な貼り付けシートを使用

自毛に人工毛を結びつけたり、自毛と糸で土台を編んで作ってから増毛は人工毛を結びつけたりする方法です。ある程度薄毛でも自毛が残っている人に向いている方法なのですが、毛がまったく無い部分はどうしたらいいのでしょうか?

 

シートを貼りつけるタイプが毛が無い人の増毛の場合、向いています。頭皮に人工毛が植え付けられたシートを貼るだけで、増毛が簡単にできるのです。毛が無い人でも自毛に結びつける必要はありませんので、全体的に増毛できます。

 

ただし、粘着テープや接着剤をシートを貼りつけるために使うため、通気性が悪くなる頭皮に負担が掛かるなどのデメリットもあります。安価な貼り付けシートを使用して、手軽にできるからといって頭皮がかぶれてしまわないように注意しましょう。

 

人工毛髪を自毛に結び付ける増毛法は、自然に生え際も見せることができます。しかし、自毛の成長によって、その反面スタイルが崩れてしまうというデメリットがあります。1ヶ月に1cm髪の毛は伸びると言われています。根元にしっかりと最初は括りつけて増毛しても、結び目が1cmも上に1ヶ月も経つと移動してしまうということになります。

 

すると結び目がブラッシングの際に引っ掛かってしまい、負担を自毛に掛けてしまいます。ですから、1ヶ月に1回のメンテナンスが結び目を直すために必要なのです。それに、人工毛髪と一緒に結び付けている土台の自毛が自然に抜け落ちてしまう可能性もあります。

 

そんな心配もシートを貼りつけるタイプの増毛なら無いと思われますが、毛をシートを貼る部分は剃らないといけません。こちらのメンテナンスはまめにもっと しなければならず、2回1ヶ月に通うこともあります。頭皮に負担が汗をかく時期には掛かりますし、あまり肌の弱い人には向きません。

 

増毛法のことあまり知らないんだけど…」とお悩みの方も多くいらっしゃることでしょう。
心配はいりません!まずは口コミ情報や増毛法の情報サイトを確認してみてください。

 
 

ホーム サイトマップ